”電報”の再発見

最近では電話やメールで簡単に遠方の人とも連絡を取ることができ、電報というツールは珍しくなりつつあります。しかし裏を返せば今時珍しい電報なら、日常的な連絡手段とは一味違った形でメッセージを伝えることができます。

電報とは、モールス信号などで知られる”電信”を使った連絡手段のことで、郵便よりも早く伝達することが可能なため、緊急用の連絡手段として用いられてきました。メールや電話などが普及した現在では、結婚式や入学・卒業式などでの祝賀電報や、その他冠婚葬祭などの機会に利用されています。電報と一口に言っても、今では豊富なバリエーションがあります。今回は、これら電報の種類について主に利用されるシチュエーションごとにご説明します。

まず、結婚祝いとしての電報についてです。招待されても遠方であることや用事などで結婚式に参加できない場合に用いられるのが一般的です。当然ですが、すべての電報において共通してメッセージを最初に決定します。このメッセージですが、申し込みサイトに用例集が用意されていることが多いので、こうした文章を考えるのが苦手な方でも安心して利用できます。

これに加えて、結婚祝いの場合はぬいぐるみや、プリザーブドフラワーと呼ばれる、生花を枯れないように加工したもの、珍しいものだと清掃会社で利用できる”お掃除券”などをセットにしたものなどが選ばれているようです。ぬいぐるみには、電報の入った筒を抱えるデザインのものや、フォトフレームのついたものなどがあり、一緒に結婚式の写真を飾ることもできます。また、プリザーブドフラワーに関しては、”枯れること、色褪せることがない”というのが結婚後の恒久的な幸せをイメージさせ、大変縁起と幸先が良いです。